髪に悩んでいる男性たち
髪に関して心配する男性

薄毛対策のためには、シャンプーの仕方も大切です。
自己流のやり方の場合、薄毛を進行させてしまうことがあるため、正しいやり方でしっかりと対策をすることが必要です。
シャンプーをする際にまず必要なのは、髪の毛のもつれをとるために、目の粗いクシでブラッシングをします。
たとえ短くても、シャンプーの際に指が髪に通りやすくなり、泡立ちや汚れの落ちが良くなります。
指に髪が絡まってひっぱられると、ダメージを受けてしまうため、念入りにもつれはとる必要があります。
さらに、ブラッシングをすることで適度な刺激を頭皮に与え、頭皮の血行の改善をすることもできます。
シャンプーの前には、下洗いとして、ブラッシングをした後、指の腹を使って、髪の毛だけではなく頭皮を洗うように、皮脂を溶かすといわれている適切な温度の38度前後のぬるま湯で洗うことが大切です。
熱すぎるお湯は、頭皮への刺激によって、乾燥を引き起こし、足りなくなった皮脂を補うために、皮脂の過剰分泌を起こしてしまう可能性があります。
シャンプーを出す際には、500円玉程度の量を手に出して、少し水を加えて泡立てて、その泡を髪に乗せて洗います。
直接頭皮につけてしまうと刺激が強すぎて、特に頭皮が敏感になっている薄毛の人は特に強い刺激を与えてしまいます。
頭皮や髪は、爪を立てずに、指の腹で頭皮をマッサージする要領で洗っていきます。
爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまうため、爪は立てないことが大切です。
最後に、薄毛対策のために特に大切なすすぎについて、シャンプーのぬめり気が残らないようにたっぷり時間をかけて十分に洗い流すことが大切です。
生え際などはシャンプーが残りやすくなるため、しっかり時間をかけて洗い流すことが大切です。
残ったシャンプーは、毛穴を詰まらせて薄毛を進行させてしまう原因となるため、念入りに洗い流すことが重要です。
シャンプーが終わった後のケアとしてはロゲインを使用するのが良いでしょう。
ロゲインは頭皮に直接吹き付けてから揉み込むようにマッサージを行うことで有効成分を頭皮に行き渡らせ発毛を促進します。

もし、真菌が原因で薄毛になっているのであればミコナゾールやテルビナフィンなどの抗菌薬で治療しましょう。
真菌によって頭皮にトラブルが起きてるうちはどれほど薄毛対策をしても、育毛・発毛ケアをしてもなかなか効果が出ません。
ミコナゾールはそういった真菌に有効な薬で、また、ミコナゾールが配合されたシャンプーなどもありますのでしっかりとそれでシャンプーすれば治りも早いでしょう。
使ってみて肌に合わないと感じたらすぐに使用をやめ、別の薬や方法で治していくことが大切です。
また、シャンプ―意外に薄毛対策をするのであればAGA治療薬を使うのが効果的です。
世界的にも有名で人気商品であるプロペシアというAGA治療薬がありますが、その成分のフィナステリドはAGAによる薄毛を防ぐ効能がありますので、薄毛対策には使わない手はないと言えるほどです。
さまざまな薄毛対策がありますが、AGA治療薬の服用はAGAクリニックでも行っていることですので非常にオススメで安全性の高い方法と言えるでしょう。