髪に悩んでいる男性たち
  • ホーム
  • 薄毛と初期脱毛と解消について

薄毛と初期脱毛と解消について

薄毛対策のために育毛剤を利用して、副作用で初期脱毛を引き起こすことがあります。
毛髪を増量したいために、発毛剤や育毛剤を使用するのに、初期脱毛が起こるのは、たいへんショックなことです。
ヒトには毛の生まれ変わるヘアサイクルがあります。
毛母細胞で毛髪が作られて、その寿命をしっかりと全うするまでの、くり返し行われえる生え変わりのことです。
ヘアサイクルは、何らかの影響によって乱れることがあります。

ヘアサイクルが乱れてしまうと、元の状態へと戻そうとして、初期脱毛という症状を引き起こすことになります。
薄毛の悩みを解消するために育毛剤を使用しますが、ミノキシジル系などの使用で、こうした症状が起きる確率は高くなります。
しかし永久的なものではなく、2ヶ月から3ヶ月程の期間のものであるために、時間の経過が症状の解消にも味方となります。

AGA治療をした場合であれば、初期脱毛は30日前後ほどで起こりやすくなります。
AGA治療をスタートさせると、順調に毛髪が濃くなることもありますが、一時的に毛髪が薄くなることもあります。
解消に焦りを感じることもありますが、一定期間のことですから、個人差があるものと理解して、治療は継続をすることです。

AGA治療を開始して食脱毛となり、毛髪が抜けるというのは、表面には見えていない休止期の毛髪が、自然に抜け落ちているものです。
古い不要な毛が抜け落ちていて、新しい若い毛が成長をしている証にもなります。
個人差があって初期脱毛が起きたとしても、それは薄毛対策としても嬉しい、新しい毛髪への生え変わりをしているメッセージでもあります。
薄毛ケアに必要な育毛剤の使用は継続して、ライフスタイルも規則正しく送るようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧